歯周病のイラスト 歯周病という病気について知っている人も多いでしょう。
しかし、どのような病気なのかについてはあまり知らないかもしれません。
また、歯茎が腫れたり、歯磨きの際に出血する病気だと考えている人もいるでしょう。
もちろんそのような症状が出てしまうこともあります。
しかし、重症化すると歯を支えている骨と歯茎が溶けてしまいます。

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称であり、最近では年齢を重ねた人だけでなく若年性の病気も増えてきています。
歯肉炎は歯磨きをした時に出血することが特徴であり、歯肉炎が進行した歯周炎は顎の骨が溶け出すようになります。
歯周病になると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
若年性の病気も増えているため、若いうちからしっかり対策していきましょう。

歯周病の原因

歯の構造 歯周病の原因は主に2つあるとされています。
プラークなど歯と歯茎の間についた細菌が原因となることもあります。 そして、噛み合わせによって引き起こされることもあります。
歯周病が進行して歯を支えている骨が溶けてしまった場合、かみ合わせが悪くなってさらに進行しやすくなります。

歯周病の症状

歯周病には痛みや自覚症状があると考えている人も多いでしょう。
しかし、軽度の症状ではほとんど痛みを感じませんし、知らないうちに進行して重症化してしまうこともあります。
また、歯医者では治療をすることはできても溶けてしまった歯を戻すことはできません。
治療はあくまでこれ以上症状を進行させないことが目的であり、不安な場合はできるだけ早く歯医者を受診した方が良いでしょう。

歯周病と聞くと口腔内のトラブルというイメージがあるかもしれませんが、実は全身にさまざまな病気を引き起こすと言われています。
細菌が歯茎の毛細血管に入り込み、血液を通して全身に運ばれることで併発症が発生します。
歯周病から併発する病気は放置すると命に関わることもあるので注意しましょう。

歯周病と糖尿病の関係性

糖尿病は歯周病と密接な関係があり、お互いに悪影響を及ぼしてしまうと言われています。
歯の症状を放置していると糖尿病が悪化しますし、歯の治療をすることで血糖値のコントロールが改善したという結果も出ています。
また、虚血性心疾患を併発してしまうこともあります。
これは心臓に血液を送っている血管が閉塞してしまう病気であり、狭心症や心筋梗塞などが含まれています。

歯周病になると虚血性心疾患になる確率が高くなると言われています。
歯周病の細菌が血管内に侵入すると炎症を起こしてしまいますし、動脈硬化が進んでしまうということです。
そして、血管を狭くしてしまいますし、詰まってしまうこともあります。

初期段階の歯肉炎ならすぐ完治できる

歯医者さん 歯周病から歯を守りたいという場合、歯医者できちんと検査を受けましょう
素人が症状に気付くことは難しいですし、多くの人が自覚していないとされています。
歯ブラシで出血することがある場合や口臭が気になる場合、歯茎が気になる場合、歯茎に赤みがある場合などは注意しましょう。
また、歯医者に2年以上行ってないという場合も検査してもらった方が無難です。

歯周病も軽度の時に治療すれば問題はないとされています。
しかし、重症化してしまうと治療を受けても歯の寿命が短くなってしまうことがあります。
そのため検査を受けることが大切であると言えるでしょう。

歯磨きを正しく行えば歯の病気にならない

歯の病気は歯磨きの方法が間違っていることで引き起こされることが多いです。
ブラッシングは毎日行っている人が多いでしょう。
しかし、普通に磨くだけで全ての汚れが取れるというわけではありません。
歯ブラシの使い方が上手くない場合、70%くらい汚れが残ったままになってしまうこともあります。
また歯磨きは人によって癖があるため、毎回同じ場所の汚れを取り残してしまうと言われています。

歯周病は歯茎の炎症から始まり、進行すると骨を溶かしてしまいます。
炎症だけなら治る可能性がありますが、骨が溶けてしまったら元に戻ることはありません。
いかに進行を止めるかが重要であり、まずはプラークコントロールで歯と歯茎の周囲の歯垢をしっかり除去することがポイントです。
これがしっかりできていないと歯科医院で治療を行っても意味がありません。

歯医者の検査で歯周病だったら早期治療を徹底!

歯医者の検査で歯周病と診断された場合、しっかりと治療を受けるようにしましょう。
治療は一回で終わるわけではありませんし、長いと10回程度かかってしまうこともあります。
途中で通うのが面倒になってしまうかもしれませんが、しっかり通うことが大切です。
状態によって治療の内容は異なってくるため、ドクターにしっかり相談すると良いでしょう。

軽度は歯の表面についている歯石や歯茎で隠れている浅い部分の歯石を除去するだけです。
麻酔などは必要ないことが多く、簡単に受けることができるでしょう。
中等度は深いところまでついている歯石を取り除き、歯の表面に歯垢がつきにくくするように仕上げます。
この場合は麻酔を使うこともあります。

重症化すると骨がかなり吸収して歯茎の溝が深くなってしまいます。
手探りで歯石を取るのは難しくなってしまうため、歯茎を切り開いて歯の根っこについた歯石を徹底的に除去します。
また、汚染された歯茎を除去することにより、その後のメンテナンスを行いやすくするということです。
治療だけでなく悪化を防ぐための予防も重要です。