ブリッジは歯の寿命を削るのでお勧めしない

虫歯の治療も以前から比べると大きく進歩しているようです。
痛みがないとか、新しい材質を使った被せ物など非常にたくさんあります。
その中で、どうしても抜いてしまわなければいけないような虫歯にはブリッジという治療方法をとられることがあります。
基本的には虫歯は従来の削る治療を行い被せ物で保護するのが一般的な方法ですが、歯の欠損がかなりひどくなったり、削る治療がしきれないような場合に取られるのがブリッジという方法です。

まずはブリッジ治療のメリットですが、ほとんど自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。
隣の歯にしっかりと固定されているためずれてぐらぐらして食べにくいということもまずありません。
また、保険適用の治療ですので、基本的に自分で払う医療費は安価であるということもメリットとしてあげられます。
ブリッジをかける場合はその材質によっては劣化がしにくいもの、あるいは強度が強く寿命を延ばそうと材質の良いものを使用しようとすると少しその費用は高額になってしまうかもしれません。
そのような場合は治療費は高くなってしまいます。
ただ、もともと保険適用であるということは高い医療費を支払う上で大きなメリットといえるでしょう。

一方でデメリットもあります。
ブリッジとは隣にある全く削る必要のない歯も削らなけらばいけません。
その上に被せ物をして、その被せ物をその健康な歯で支えていくという方法です。
したがって、例えば通常なら3本で支えていく力を2本の歯で支えていかなけらばならなくなり、単純に計算してもその歯に1.5倍の力がかかってしまい、負担が大きくなってしまうということです。
歯にかかる力というものは非常に強く、単純に1.5倍にあるというと簡単ですが、その歯にかかってしまう余分な力は非常に大きな負担となり、その分、歯の寿命も短かくしてしまう可能があります。
しかも、その歯は削られてしまっているのでさらに負担は大きくなるのです。
また、削った健康な方の歯が虫歯や歯周病になりやすくなることもあげられます。
このような悪循環が進行すると、場合によっては負担がかかりすぎてその歯が割れたり、抜かなければいけなくなることもあります。
そうなると結果的にはブリッジをしたことで本来は抜かなくても良い歯を抜く結果になってしまい問題を大きくしてしまったことにもなりかねません。
このようなデメリットと、ほかの治療方法の進歩から考えると、ブリッジという歯の治療方法は、健康な歯の寿命までも縮めてしまう可能性がありあまり積極的におすすめできる治療法ではありません。