歯科医院で定期的な虫歯チェックを心掛けよう

虫歯菌と歯のイラスト 歯科医院というと、治療の必要が生じた時に受診する病院というイメージが長い間定着しています。
しかし、最近では治療だけではなく虫歯をはじめとした口の中の病気を予防して健康を維持するために歯科医院に通う人が急増中です。

この治療だけではなく病気の予防のために通う歯科医院が予防歯科で、虫歯は口の中に元々いる細菌が原因の感染症なので予防歯科では細菌対策に力を入れています。
それというのも、虫歯の治療が終わっても細菌対策が不十分だと再び虫歯になってしまうリスクがあるからです。

口の中の特定の細菌は、食べ物や飲み物の糖分をエネルギーとして使い酸を生成します。
歯の表面は酸にはとても弱い性質があり、細菌が作る酸によって歯の表面が溶け出してしまうのが虫歯です。
細菌は糖分をエサにして増殖すると、コロニーを作ってプラークとなり歯の表面に付着します。
プラークは虫歯の原因細菌の塊なので、毎日丁寧に取り除くことが大切です。
これがプラークコントロールで、予防歯科でも虫歯予防指導の中心になっています。

プラークコントロールの基本は毎日の歯磨きです。
しかし、どんなに丁寧に歯磨きをしても、歯ブラシの使い方の癖などによってどうしても磨き残しができてしまいます。
そこで予防に力を入れる歯科医院で進めているのが、定期的な検診です。

歯科医院では定期的な検診の時に虫歯や歯周病の有無、歯茎の状態などを確認し、プラークの染め出し液などを使って磨き残しができやすい部分をチェックした上で、その方に合った歯磨きによるプラークコントロールのアドバイスをしています。
歯の形や歯並びは一人一人違いますので、効果的にプラークを取り除くための歯ブラシの使い方も異なり歯科医院でアドバイスを受けることにより効率のよいセルフケアのプラークコントロールが可能です。

予防を重視する歯科医院で定期的に検診を受けていると、虫歯や歯周病を悪化する前の初期の状態で発見できる可能性が高くなります。
初期の状態で虫歯や歯周病が発見できれば、治療が簡単に済んだりケースによっては専門的な管理のもとに悪化を防ぎながら経過観察も可能です。

虫歯のチェックや普段の歯磨きによる磨き残しのアドバイスを受けるための定期的な検診の適切な間隔は、年齢や口の中の状態により異なります。
虫歯ができやすくまた進行しやすい小児期、生え変わりで歯磨きがしにくい混合歯列期などは間隔を短めに定期的な検診を受けると安心です。
予防重視の歯科医院では、定期的な検診を受ける間隔についても患者さん一人一人にアドバイスをしています。

特に、大阪にある歯科医院では患者のために親身になって考えてくれる歯医者が多いとされています。
淀屋橋や北浜といった地域はグルメの街としても知られていますので、歯を悪くする人も多いのです。
大阪の北浜の歯科では、口腔ケアを怠ったがゆえに起きる虫歯などのトラブルを早急に解決してくれます。
予防歯科という観点からのアドバイスも受けられるのでグルメの街にこういった歯科医院は欠かせません。