費用や金額が心配になるインプラント治療

永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはありません。
そのため、義歯といって入れ歯の治療をしていましたが、入れ歯は粘膜に当たると痛みがあるなど、決して快適な治療とは言えません。
せっかく入れ歯を作っても、使わないという人もいるほどです。

そこで、インプラントという新しい治療法が登場しました。
インプラントは、歯の無い部分の骨に、フィクスチャーを埋め込む治療法です。
フィクスチャーとは、金属でできたネジのようなものです。
チタンでできているので、骨と結合する性質を持っています。
埋め込む際には手術が必要になりますが、麻酔をするので痛みの心配はありません。
手術方法は削った骨にフィクスチャーを埋め込み、縫い合わせるというものです。

フィクスチャーの上には、スクリューと呼ばれるものを装着して、しばらく過ごします。
スクリューがあることで、歯茎や骨がフィクスチャーの中に入り込むのを抑えることができます。
スクリューは、しばらくすると取り外し、アバットメントと交換します。
アバットメントは、人工歯と装着するためのネジのことです。

インプラントは、骨と結合しているので外れる心配がありません。
そのため、自然な噛み心地を得ることができ、固い食べ物も安心して食べることができます。
装着する人工歯の素材も、セラミックを使用するので、透明感のある白さで本物の歯のような美しい見た目になります。

インプラントはとてもいい治療なのですが、保険適用外なので費用が高額になるという面があります。
費用は歯科医院が独自に決めることができるので、同じ治療をしても差がでます。
平均的に、インプラント1本あたり30~40万円程度の金額が必要になります。
本数が多くなればなるほど高額になっていきますが、歯科医院によってはまとめて治療することで、割引をしてくれるところもあります。

インプラント治療をする前には、必ずレントゲンやCTを撮影して、骨の状態を確認します。
その後、どのように治療を進めて行くのかという相談の場があります。
費用の面や、気になることがあれば、その際に相談してみましょう。
骨が少ない場合には、希望していてもインプラント治療が受けられない場合や、骨を増やす治療を受ける必要も出てきます。
治療期間も長くかかるので、相談しやすい歯科医院に通うことが大切です。
最後まで治療を受けることで、本物の歯のような噛み心地を得ることができます。